サウンドワークの端々からFiction Factoryと同族な感じがするなぁ。
プロデューサーはPWL所属のPhil Hardingが担当していたけど、アルバム一枚で終了。

ツイートツイート